生命保険とは

生命保険とは

生命保険とは

生命保険はTVコマーシャルも多く行われているので、一般的に親しまれているものだとおもいます。
生命保険は使い方次第でとても有意義なものです。 どの様な物かをよく知る事で、無駄な保険代を使わずに必要な保険を選べるようになります。

保険会社の営業は、お客さんに合った保険を提案してくれる反面、ビジネスとしての面もある為に、完全にお客さんの味方と言う事は出来ません。 勧められるままに保険に加入していると、必要無いものの内容が厚くなっていたりする事があります。
自分にとって何が必要で、何が必要ではないのか?しっかり考えて保険を選択出来る様になりたいものです。

しっかりとした判断をする為にまずは生命保険について知って行きましょう。

生命保険は、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的にしている保険です。
契約内容によって発生のタイミングは違いますが、死亡などの所定の条件で受取人に保険金を支払うことを約束するものです。
生保と略して呼ばれる事が多い様です。

日本では主に生命保険会社がそれを扱っています。同じ様な物で日本郵政公社が行っていた簡易保険や、農協や生協などの共済事業の生命共済があります。

損害保険などの傷害保険に似ていますが、急激な外来等の条件に拘束されない点で損害保険とは違いがあります。
損害保険は事故のみを保障するもので、生命保険は年齢と共に高まる病気や死亡に対しての保障と考えると分かりやすいとおもいます。

生命保険では、統計に基づいて調査された、年齢ごとの死亡率に応じた保険料を設定することで、保険会社が受け取る保険料と保険会社によって支払われる保険金が均衡する仕組みになっている。
契約した場合に払う保険料は年齢ごとの死亡率に応じた合計を聞かんで平準化した金額になる。

生命保険会社では、貯蓄や老後の保障・年金等のニーズにこたえる為に、貯蓄型の積立保険や、個人年金保険等も扱っている。これも大きな意味では生命保険と呼ばれる事がある。