生命保険の仕組みを紹介

生命保険の仕組みを紹介

生保の仕組み

生命保険の仕組みについて少し詳しく見て行きましょう。
生命保険は人間の生死にかかわる統計データを使って、加入者の生死を予想します。
生命表と呼ばれるその表にしたがって保険料が設定されるようになっています。

統計は現在までのものが使われるのに対して、加入者の生死は将来発生するものなので、誤差が発生する可能性がある。

その為に死亡率を計算する時には、その誤差を埋められるだけのパラメーター設計がなされている。

自然保険料方式と平準保険料方式

自然保険料方式
加入者の年齢ごとにその死亡率に応じた保険料を支払う方式で、高齢になればなるほど死亡率が高くなるために、保険料率は年齢とともに上昇する。

平準保険料方式
自然保険料方式だと高齢になると保険料が高くなりすぎるために、本来は高齢になってから支払うべきであった保険料をあらかじめ若いときに支払っていくこと。

平準保険料方式をとると、本来はまだ必要ではない保険料を事前に徴収していることになるので、保険期間中に何らかの理由で保険契約を解約することになると、その保険料のうち一部は契約者に返還されるものがある。これを解約返戻金と呼ぶ。

死亡保険
保険期間内に被保険者が死亡した時に払われるもの。

生存保険
被保険者が満期時に生存しているときに保険金が支払われる。
終身年金等がこれにあたる。

生死混合保険
死亡保険と生存保険を重ね合わせたもので、被保険者が死亡したときには死亡保険金が、満期時に生存しているときには生存保険金が支払われる。